July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ウディ・アレンの夢と犯罪


監督:ウディ・アレン/恵比寿ガーデンシネマ/
★4(72点)本家公式サイト

だってお前、こないだマイアミ・バイスだったじゃん!
日本では翌年制作の『それでも恋するバルセロナ』の次に公開になったロンドン三部作の最終章。
ナレーションで押し切ったり(『それでも恋するバルセロナ』)、これはこういうお話ですよと最初に宣言したり(『メリンダとメリンダ』)、いろんな手練手管で攻めてくるウディ・アレン。
今回はナレーションを一切排した徹底した会話劇。事件や事故も写さない。ギャンブルで勝った描写すらない。

ところがウディ・アレンは、主人公達の会話以外の部分で、「人生は皮肉」「ギリシャ悲劇」というヒントをしのばせるんですな。「子供達の夢を見た」とまで親に言わせるのです。

こうして観客は神の視点に立たされ、悲劇の傍観者となるわけです。
主人公達に共感してハラハラドキドキするよりも、悲劇を予見しながら行く末を見守る映画なのです。
もうね、ぶっちゃけ、話の面白さよりも語り口の面白さなんですよ、この映画。

どうして『夢と犯罪』などという邦題を付けたのか知りませんが、原題から「カサンドラ・ドリーム」とでもすればよかったのに。
カサンドラはギリシャ神話に登場する悲劇の預言者。『カサンドラ・クロス』のカサンドラですよ。
この原題にも悲劇のヒントが隠されてるんですな。

日本公開2010年3月20日(2007年 英)

comments

   

trackback

pagetop