August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アバター(3D)


監督:ジェームズ・キャメロン/TOHOシネマズ日劇/★3(50点)本家公式サイト

企画はこうして作られる・・・はずがない
監督「僕、オシイ好きじゃないですか。オシイマモル。」

プロデューサー(以下P)「知ってるよ。JAPANでベイ・ブリッジ見て『パトレイバー2』だ!って騒いだんだろ。」

監督「『アヴァロン』みたいなことやりたいんすよね。実写だかCGだか分からないような。あれ、美しいと思うんだ。あと『GHOST IN THE SHELL』。電脳でダイブする!みたいな。ほら僕、海に潜るし。」

P「は?お前、『エイリアン2』でパワーローダーとか言ってレイバー出してんじゃん。」

脚本家「じゃあ、今度はSFですね。」

監督「JAPANにはハヤオって作家もいて、飛行石だの島が空に浮かんだりしてんだよ。これがなかなかいいんだ。おまけに“自然大切”みたいなこと言ってんのよ。共感するんだよな。ほら僕、海に潜るし。」

P「自然が大切だくらいのこと誰でも言うでしょ。お前くらいだよ、嬉々として原爆で街吹っ飛ばしてんの。」

脚本家「SFで自然か。宇宙植民地物ですかね。」

監督「やっぱり派手な戦闘シーンとか欲しいよね。」

脚本家「コロニーが独立戦争おっ始めるってのはどうです?」

P「ガンダムか!お前らJAPANアニメ見すぎだ。」

監督「それならドズル・ザビみたいな隊長を出したいよね。やらせはせん!やらせはせんぞぉ!みたいな。」

脚本家「ウハッ!ランバ・ラルじゃなくてドズルできましたかぁ。」

P「そういう細部はいいからさ。そもそもどんな話にするのさ。」

脚本家「原住民と侵略者という設定はどうですか?アメリカの原点ですよ。」

P「お前はジョン・ミリアスか!」

監督「僕は何でもいいですよ、テーマ的なことにあんまり興味ないんで。僕が好きなのはオシイの思想じゃなくて、オシイの世界観ですから。」

日本公開2009年12月23日(2009年 米)


comments

   

trackback

pagetop