November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

去年マリエンバートで


監督:アラン・レネ
/渋谷シアターイメージフォーラム
★2(40点)本家

期待したほど難解じゃなかった。てゆーか、よくあるフランス映画じゃない?
大学生の頃、難解な映画に憧れた時期があって、『去年マリエンバートで』って映画があると教えられて早20数年。スクリーン上映の機会に恵まれてやっと観た。四半世紀も放っておいたんだから、たいした憧れじゃねーな。

結論から言えば、部分部分に「オッ!」と思うシーンはあるものの、独白になると退屈なんだ。
表面上難解さを装っているものの、物語はちっとも進んでいかない
いや、なんのことはない、フランス映画によくある男と女のお話。

1960年当時は斬新だったんだろうけどなあ。その後いろいろ観すぎたからなあ。

でもさあ、ブニュエル翁『アンダルシアの犬』はこの30年前だしなあ。「何が真実だか分からない」にしたって黒澤『羅生門』は10年前。鈴木清順だって『8時間の恐怖』っていうサスペンスだかコメディーだか分からない難解映画を1957年に撮ってるぜ(<参考外)。
ぶっちゃけ、観ていて頭が三角になるような映画が観たかったんだ。そうか、『ゴダールの探偵』でも観ればよかったんだな。

つーか、男と女の難解さだったら、トリュフォー『終電車』の方がはるかに難解だぜ。

(1960年 仏=伊)

comments

   

trackback

pagetop