August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2010(平成22)年マイベスト

年間鑑賞:97本(新作61本 旧作36本)内再鑑賞17本 劇場鑑賞76本

今年の邦画はレベルが高かったが数が少なく、洋画はレベルは高くなかったが佳作が多かった。
------------------------------------------------
2010新作マイベスト
◇洋画
息もできない』(ヤン・イクチュン監督)
◇邦画
今度は愛妻家』(行定勲監督)
---------------------------------------------------
◇洋画
1.『息もできない』(ヤン・イクチュン監督)
2.『キック・アス』(マシュー・ボーン監督)
3.『トイ・ストーリー3』(リー・アンクリッチ監督)
4.『人生万歳!』(ウディ・アレン監督)
5.『抱擁のかけら』(ペドロ・アルモドバル監督)
6.『ハート・ロッカー』(キャスリン・ビグロー監督)
7.『月に囚われた男』(ダンカン・ジョーンズ監督)
8.『ウディ・アレンの夢と犯罪』(ウディ・アレン監督)
9.『ガールフレンド・エクスペリエンス』(スティーブン・ソダーバーグ監督)
10.『ジョニー・マッド・ドッグ』(ジャン=ステファーヌ・ソヴェール監督)
◇邦画
1.『今度は愛妻家』(行定勲監督)
2.『告白』(中島哲也監督)
3.『悪人』(李相日監督)
4.『海炭市叙景』(熊切和嘉監督)
5.『パレード』(行定勲監督)
6.『乱暴と待機』(冨永昌敬監督)
7.『ゴールデンスランバー』(中村義洋監督)
8.『武士道シックスティーン』(古厩智之監督)
9.『さんかく』(吉田恵輔監督)
10.『カラフル』(原恵一監督)
---------------------------------------------------
◇勝手に選んだペペチー賞
主演女優賞:薬師丸ひろ子(『今度は愛妻家』)
助演女優賞:安藤サクラ(『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』)
助演男優賞:バズ・ライトイヤー(『トイ・ストーリー3』)
---------------------------------------------------
12月鑑賞: 8本(新作 7本 旧作 1本)内再鑑賞 0本 劇場鑑賞 7本
11月鑑賞: 5本(新作 2本 旧作 3本)内再鑑賞 2本 劇場鑑賞 3本
10月鑑賞: 7本(新作 6本 旧作 1本)内再鑑賞 0本 劇場鑑賞 6本
09月鑑賞: 8本(新作 5本 旧作 3本)内再鑑賞 1本 劇場鑑賞 6本
08月鑑賞:11本(新作 7本 旧作 4本)内再鑑賞 3本 劇場鑑賞 7本
07月鑑賞: 4本(新作 3本 旧作 1本)内再鑑賞 0本 劇場鑑賞 3本
06月鑑賞: 6本(新作 5本 旧作 1本)内再鑑賞 1本 劇場鑑賞 6本
05月鑑賞:12本(新作 5本 旧作 7本)内再鑑賞 4本 劇場鑑賞 9本
04月鑑賞: 7本(新作 4本 旧作 3本)内再鑑賞 1本 劇場鑑賞 6本
03月鑑賞: 6本(新作 5本 旧作 1本)内再鑑賞 0本 劇場鑑賞 6本
02月鑑賞:13本(新作 6本 旧作 7本)内再鑑賞 2本 劇場鑑賞11本
01月鑑賞:10本(新作 6本 旧作 4本)内再鑑賞 3本 劇場鑑賞 6本
年間累計:89本(新作54本 旧作35本)内再鑑賞17本 劇場鑑賞69本

comments

   

trackback

pagetop