August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

めぐりあう時間たち

監督:スティーブン・ダルドリー/飯田橋ギンレイ/★2(35点)gooDB公式サイト

素敵な絵面が見当たらない。少しは引きの絵を撮ったらどうだ。
何が不愉快だって、画面上に写された物以外に何も描かれていない。

アップアップアップ切り返し切り返し切り返し。見せたい事は総て画面の中央。それもこれみよがしに。
卵を割ることに何か意味があるのかと思ったら、割った卵を見せるでもなく、殻も無造作に捨てるし、ただ単に「3つの時代で卵割ってましたぁ」ってだけかよ、オイ!

ヨメに言わせれば「ツボの周りは触るがツボを押していない映画」。

アイディアが面白そうだったので観に行きたかったのだが、ヨメが難色を示し、結局名画座というか2番館に落ちてからの鑑賞。
観終えてからヨメが「『リトル・ダンサー』の監督だから観たくなかった」と告白。
気付かなかった。先に言ってくれ。それなら俺も観なかっただろうよ。

端的に言ってしまえば、こういった「時代を超えて交錯する話」は構成に苦慮するだろうが、実は「たった一人の物語」の方が描写は難しい。なぜなら、別の時代の第三者が語るという「逃げ」が打てるから。
女優の演技力には感嘆したが(初めてニコール・キッドマンがいいと思った)、「画面中央」の「直接描写」だけで「その周辺」が描かれてないから深みに欠ける。女優のせいじゃないだけにもったいない。

2003年5月17日公開(2002年米 1時間55分)


comments

   

trackback

pagetop