October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ぼくの伯父さんの休暇

監督:ジャック・タチ/新宿武蔵野館/★3(55点)gooDB

何と言うか、まあ『プレイタイム』もこんな感じだったので、これがタチ姿(スタイル)なのだろうと・・・。
ユロ氏初登場作品にも関わらず日本公開が前後したため『ぼくの伯父さん』の続編めいた邦題となった原題「ユロ氏のバカンス」。
後に作られたその集大成である『プレイタイム』を先に観てこんなコメント書いてるんだから、もはやその順序はバラバラ。肝心な『ぼくの伯父さん』もまだ観てないし。

音と間と微妙な笑いと一瞬の邂逅とちょっぴり切なさ。「まだ続くのかよ」と思わず思ってしまう所まで同じ(何だよ、思わず思うって)。

チャップリンとの関連性(類似性)が語られる(宣伝される)ことが多いようだが、私は全然違うと思う。

チャップリン映画は、チャップリン演じる「チャップリン」がストーリー的にも画面的にも中心となり「チャップリンが巻き起こすドタバタ(活躍?)」を基本とした。というか、そうでなければ観客が許さなかったのだろう。

一方タチのユロ氏は「群衆劇」に近い。
むしろ『ゴジラ』に似ていて、上陸した「豆台風」ユロ氏に巻き込まれた周囲の人々を描写し、一夏の想い出を残しつつ、でも誰も何も変わるわけではないまま別れていく。

バカンスという設定のせいばかりでなく、「真の夏休み映画」なのではなかろうかとさえ思う。

(1953年仏)1時間27分


comments

   

trackback

pagetop