November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ファム・ファタール

監督:ブライアン・デ・パルマ/新宿武蔵野館/★3(42点)gooDB公式サイト

デ・パルマは脳内に異星人がわいたか豚の血が混じったに違いない
アメリカでは2週間かそこらで打ち切られたらしい。

おそらくデ・パルマに言わせれば
「ヒッチコックを全部観てから出直してこい」
ということだろう。

『めまい』を中心にありとあらゆるヒッチコックエッセンスてんこ盛りの「ヒッチ丼」。
パシャパシャ!とたかれたフラッシュが『裏窓』かと思ったら、写された写真は『サイコ』だもん。
てんこ盛りすぎて消化不良。むしろ胃酸過多。

ヒッチ先生と大きく異なる点は、『間違えられた男』ではなく女であること。
それも間違えられたことにより「巻き込まれる」のではなく、逆にそれを利用してしまうこと。
そしてヒッチ先生が女性を表現するのに「背中」を強調したのに対し、本作はあまりにも直接的な「胸」。
それ故か、本作に限らず、ヒッチ先生の上品さはカケラもない。

で、久々にというべきか相変わらずと言うべきか、「ヒッチ丼」=「デ・パルマ節」が復活というか健在というかで、楽しかったと言えば楽しかったのだが、映画としての結論はたった一言で済んでしまうのだった。

つまらん。

2003年8月23日公開(2002年仏=米)1時間55分


comments

   

trackback

pagetop