December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

8人の女たち

監督:フランソワ・オゾン/渋谷シネマライズ(2003.01.12鑑賞)/★3(58点)本家gooDB

フランス人によるフランス映画の自己パロディーか?すごいものを見せられたようなそうでもないような・・・
愛憎劇といいシャンソン(ここではあえてミュージカルではなくシャンソンと言った方がいいような気がする)といい、いかにもフランス映画フランス映画したフランス映画(<何を書いてるんだかよくわからん)。
女優陣だってドヌーヴドヌーヴしたドヌーヴ、ベアールベアールしたベアール、アルダンアルダンした(<もういいって)等々、まるで自己パロディーみたいだった。

面白かったよ。面白かったけど笑っていいもんかどうかだんだんわからんようになってきた。ひょっとすると「フランス製バカ映画」なんじゃないかと思ったりもした。

「フランス映画のイメージってこんなんだよね」っていうウケ狙いのパロディーに見えてしまった。ひょっとするとリュック・ベッソンが仏映画界にもたらした「ハリウッドかぶれ」映画に対するアンチテーゼなのか?なんだかようわからん。

日本公開2002年11月23日(2002年仏)111分


comments

   

trackback

pagetop