July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

戦国群盗伝

戦国群盗伝

監督:杉江敏男/ラピュタ阿佐ヶ谷/
★4(70点)
凡庸な監督のおかげで後世に名を残していないが、山中貞雄脚本作を黒澤明が潤色したリメイク作。両者の研究資料としても面白いし、話も盛り沢山で面白い。なにより三船を見ているだけで楽しい。
山中貞雄4週連続特集上映の一つとして鑑賞。オリジナル『戦國群盗傳』は残念ながら未見。
(オリジナル版は総集編としてビデオが出ているようだが、本当は前後編の2部作だったらしい)

オリジナル版は、鳴滝組共同ペンネーム【梶原金八】名義の脚本だが、リメイク版は【山中貞雄】とクレジットされている。潤色は【黒澤明】だが、黒澤はオリジナル版でも助監督として参加していたそうで、「現場はとても勉強になった」とコメントを残しているそうだ。

黒澤が書き直している箇所は比較的少ないそうで、特集上映に併せて行われた【西山洋市】氏のトークショーによれば、最大の改変ポイントは志村喬演じる父の死に関わる部分だという。
そしてそれは、山中貞雄に描けなかった物を、黒澤明が見事に書き加えたのだ、とも。

いきなりネタバレなことを書くが、オリジナル版では父は部下に謀殺され、それを弟・次郎が聞かされるという流れなのだが、本作では次郎自身が手をくだして父殺しをする。
これが黒澤の大きな改変ポイントで、山中貞雄に描ききれなかったのは「悪」だったのではないか、と西山氏は読み解く。

たしかに、現存する3作品やリメイクされた脚本作(例えばテレビドラマ「盤嶽の一生」)を観ると、そこに登場する悪はストーリーを転がすための設定としてのみ存在し、人間の業としての「悪」そのものを描こうとしているわけではない。
その点に関しては、「悪」そのものをテーマに据えることが度々あった黒澤明と大きく異なる。
言い換えれば、山中は人間の「弱さ」を直接的に描写したが、黒澤は弱さを「悪に堕ちる」ことに置き換えたとも言える。
(ちなみに、山中と黒澤は1歳しか違わない)

山中貞雄的に言えば、オリジナル版は『河内山宗俊』と『人情紙風船』の間に書かれている。構成も『河内山宗俊』に似ていて、前半はいかにも山中的な軽妙な展開、後半はまるで『蜘蛛巣城』。

『蜘蛛巣城』!

こうしたダイナミックなストーリー展開といい、(江戸時代ではない)戦国時代の設定といい、野武士といい、黒澤は多大な影響を受けているのかもしれないなあ。

(1959年 東宝)115分

comments

   

trackback

pagetop