May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ローガン・ラッキー



お帰りなさいソダーバーグ。出来ればチャニング・テイタムに「おいらルパ〜ン三世」って言わせてほしかった。

監督:スティーブン・ソダーバーグ/吉祥寺オデヲン/★3(65点)本家公式サイト
» read more

ロブスター



差別を容認した恐怖世界。「国歌歌え!」「嫌だ!」「処罰する!」ってのと同じ話。

監督:ヨルゴス・ランティモス/ユジク阿佐ヶ谷/
★4(70点)公式サイト本家
» read more

64-ロクヨン-後編



ドラマ版と比較する必要はないのだが、全然別の物語になっている。映画版は例えるなら大人のお子様ランチ。

監督:瀬々敬久/ユナイテッド・シネマとしまえん/
★2(45点)公式サイト本家
» read more

64-ロクヨン-前編



NHKのドラマ版も観ちゃったし、まだ前編だから、映画と関係ないこと書きますね(<オイオイ)

監督:瀬々敬久/ユナイテッド・シネマとしまえん/
★4(80点)公式サイト本家
» read more

ロマンス



監督:タナダユキ/ヒューマントラストシネマ渋谷/★3(60点)本家公式サイト

ロマンスと紙の月。所詮箱根止まりの女って話(仙石原には行ったようだが)
» read more

ロリータ

監督:スタンリー・キューブリック/BSイマジカ/★3(58点)再鑑賞→(本家

この頃までのキューブリックの女性描写は悪意を感じる。モテなかったんだろうなあ。
» read more

ローマでアモーレ

ローマでアモーレ
監督:ウディ・アレン/吉祥寺バウスシアター/
★3(60点)本家公式サイト

イタリア伝統の艶笑喜劇で風味付けした、遠大な『ローマの休日』
(レビューは『ローマの休日』のネタバレがあります。むしろ『ローマの休日』のネタバレしかありません。どういうこっちゃ?)
» read more

ロック・オブ・エイジズ

ロック・オブ・エイジス監督:アダム・シャンクマン/ユナイテッドシネマとしまえん/
★2(40点)本家公式サイト

舞台設定は1987年。もはやロックが商業ロック歌謡に堕落した時代で、何をロックロック言うとるんだか。
» read more

ローズマリーの赤ちゃん

監督:ロマン・ポランスキー/CS(最鑑賞)/★4(70点)本家

ほぼ四半世紀ぶりに最鑑賞して評価上がる。若い頃に観た時は苦笑した記憶があるんだが、今観ると怖いね。これ、怖いね。

(1968年 米)

123>|next>>
pagetop