January 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ハード・コア



ドロシーのいないオズの魔法使い。「やっぱり一番」と呼ぶべきお家がない世界。

監督:山下敦弘/ヒューマントラストシネマ渋谷/
★3(69点)本家公式サイト
» read more

ハナレイ・ベイ



いい映画だったし、吉田羊はいい女優だ。


監督:松永大司/ユナイテッド・シネマとしまえん/★4(80点)本家公式サイト
» read more

パンク侍、斬られて候



かくして全能の神は人類との交信を断ったのでした、という神話。むしろ黙示録。

監督:石井岳龍/渋谷TOEI/★4(88点)本家公式サイト
» read more

パリは燃えているか


ルネ・クレマンの「いっぱい」シリーズ。「将軍がいっぱい」
監督:ルネ・クレマン/CS/★3(65点)本家
» read more

パーティで女の子に話しかけるには



エル・ファニングの『ローマの休日』。パンクというか、プログレじゃない?

監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル/新宿ピカデリー/★3(60点)本家公式サイト
» read more

ハロルドが笑う その日まで



ディスコミュニケーションに関する寓話。なんとなくいい話に見えるけど、入口、出口と過程の物語が合ってない。

監督:グンナル・ヴィケネ/ユジク阿佐ヶ谷/
★3(63点)公式サイト本家
» read more

バベットの晩餐会〈デジタルリマスター版〉



監督:ガブリエル・アクセル/恵比寿ガーデンシネマ/
★4(75点)本家公式サイト

2016年にデジタルリマスター版で初鑑賞。約30年前の公開時とは受け止められ方が異なるかもしれない。
» read more

俳優 亀岡拓次



監督:横浜聡子/ユナイテッド・シネマとしまえん/★4(73点)本家公式サイト

“天然”よりも“真性”という評がシックリくる破天荒なファンタジー作家=横浜聡子がギリギリ商業映画に寄せた佳作。
» read more

バクマン。



監督:大根仁/吉祥寺オデヲン/
★5(90点)本家公式サイト

平成の青少年に向けた正しい青春映画。なぜだか『の・ようなもの』や『けんかえれじい』を思い出した。
» read more
12345>|next>>
pagetop