July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

レイニーデイ・イン・ニューヨーク



『ティファニーで朝食を』の本歌取り。オジサンはこういう映画脳を刺激する作品が観たいんですよ。

監督:ウディ・アレン/恵比寿ガーデンシネマ/★4(77点)本家公式サイト
» read more

ひとよ



思わず涙するほどいい話なんだけど、いい映画に思えないのは何でだろう?

監督:白石和彌/テアトル新宿/★3(66点)本家公式サイト
» read more

ペイン・アンド・グローリー



まさかアルモドバルに感動して涙する日が来るとは思わなんだ。

監督:ペドロ・アルモドバル/TOHOシネマズ シャンテ/★4(80点)本家公式サイト
» read more

デッド・ドント・ダイ



安い。「豪華なのに安っぽい」という作風は狙いだろうけど、ジム・ジャームッシュの訴えるテーマや精神性が安い。
監督:ジム・ジャームッシュ/ユナイテッド・シネマとしまえん/★3(52点)本家公式サイト
» read more

双生児



塚本晋也の『羅生門』。モックンの、そして江戸川乱歩リメイクの最高傑作。


監督:塚本晋也/DVD/★5(95点)本家
» read more

トップガン



国際問題だぞ、これ。


監督:トニー・スコット/Amazonプライム/★2(40点)本家
» read more

ジャッカルの日



神の視点で捉えた「骨太サスペンス」。しびれる。



監督:フレッド・ジンネマン/CS/★5(98点)本家
» read more

「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」



録画していたHuluオリジナルドラマ全8話をつい一気見。
日本のミステリードラマに関する一考察。


公式サイト
» read more

金田一耕助の冒険



大林宣彦追悼で鑑賞(<何故この映画?)。超豪華低予算チャンチャカチャン映画。当時じゃ分からなかったこと、当時じゃなきゃ分からないこと。
監督:大林宣彦/Amazonプライム・ビデオ/★4(70点)本家
» read more

劇団、本谷有希子第14回公演「来来来来来」



DVDの裏面に小さく「気力、体力ともに充実しているときにご覧ください」という注意書きがあったことに気付かなんだ。毎度おなじみ相変わらず嫌な話。

作・演出:本谷有希子/DVD(公式サイト

「コタキ兄弟と四苦八苦」



いま俺の「必ず観る脚本家」野木亜紀子×「必ず観る監督」山下敦弘。期待をはるかに超えた面白さと感動。1月期最高のドラマだった。

監督:山下敦弘/脚本:野木亜紀子/(公式サイト

NHKよるドラ「伝説のお母さん」



RPG世界。魔王(大地真央(まおう))復活。かつて討伐した伝説のパーティの一員、伝説の魔法使い(前田あっちゃん)に再び魔王討伐依頼がくるが、今や彼女は待機児童を抱えている・・・。
1月期で(数少ない)面白かったドラマの一つ。NHKよるドラは侮れない。
公式サイト
12345>|next>>
pagetop